洪水で損傷したHP EVA SANから復旧された4テラバイトのデータ

状況

データセンターの浸水により、顧客のサーバーとストレージシステムが部分的に水没しました。

被害の中心となったのは、ビジネスクリティカルなSQLデータベースファイルと従業員のファイル共有が含まれるHP Storage Works EVA (Enterprise Virtual Array) 6000でした。 EVAは、データへのアクセスを妨げる洪水により、かなりの物理的損傷を受けました。 まだ濡れているドライブの電源を入れてデータにアクセスしようとしたときに、洪水による被害の深刻さが増大しました。 お客様はHPサポートにサポートを依頼し、プロジェクトをオントラックに引き渡しました。

SANは、2つのEVAディスクグループに分割された80台のハードディスクドライブで構成されていました。合計で、VRAID1とVRAID5の両方で構成される18の仮想RAIDボリュームがありました。

HP EVAシステムは完全に仮想化されており、データを書き込む独自の方法があり、データリカバリー作業はより複雑です。 通常のRAIDセットと論理ドライブボリュームの代わりに、ディスクグループと仮想ディスクで動作します。 ディスクグループは、独自の方法で編成された物理ドライブで構成されています。 次に、EVA内のLUNまたは仮想ディスク (vDisk) は、インストールされているすべてのHDDに分散されています。

解決策

物理的な損傷のため、すべてのドライブは診断のためにオントラックのクリーンルーム施設の1つに送られました。

80台のドライブが除染され、清掃されると、55台が完全に復旧可能であることが判明しました。 ドライブのうち25台は深刻な水害を受けており、復旧は不可能でした。 損傷したドライブのデータに再びアクセスするために、エンジニアはEVA RAIDとファイルシステムがどのように構成されているかを診断する必要がありました。 エンジニアがディスクグループをマッピングし、vDiskがどのように配布されているかを判断できた後で、EVAシステム全体を再構築する必要がありました。 vDiskに含まれるデータを復旧するために、R&Dチームとチーム内のソフトウェア開発者は、データを抽出するためのまったく新しいツールを作成する必要がありました。 開発が完了した時点で、オントラックのエンジニアはディスクグループを仮想的に組み立て、vDiskを仮想的に再構築して、基盤となるファイルシステムにアクセスできるようにしました。 ファイルシステムは事実上修復され、データが抽出されました。

結果

大規模な開発、リエンジニアリング、およびリカバリー作業の後で、プロジェクトは正常に終了しました。

新しく作成されたツールを使用して、オントラックは、重要なSQLデータベースファイルを含む4テラバイトの機密データを復旧することができました。 結果的に失われたデータ全体の約86 %が復旧されました。 得られたHP EVA SANデータマッピングの知識と新しく開発されたツールの統合により、オントラックはHP Enterprise EVAストレージシステムのすべてのモデルからデータを迅速に復旧できるようになりました。