新しいツールにより、非常に特殊なEMC® Isilon®ビッグデータストレージからの復旧が可能になりました。

状況

製薬会社は、Isilonストレージシステム内でファイルを移動するときに、極めて重要な研究開発データの約400万ファイルを失いました。

「失われたファイル」は、ほとんどが進行中の実験室研究作業での化学分析から収集された生データでした。 同社は、EMCのサポートとともに、標準の再構築プロセスを使用してデータの90 %を復旧することができました。 どうしても必要な残りのファイルをリカバリーするために、オントラックは顧客から依頼を受けました。 オントラックは、状況に関する詳細情報を取得するために、EMCサポートと協力しました。

ビッグデータ用に設計されたIsilon IQ 6000xは、合計15テラバイトのデータストレージを備えた4つのノードで構成され、500ギガバイトのハードドライブがインストールされています。

これは、すべてのデータがディスク全体にストライピングされた単一のボリュームとしてセットアップされました。 従来のRAIDシステムとは異なり、Isilonシステムは、すべてのデータが1つのデータプール内に保存および管理される巨大なデータレイクの概念に基づいて構築されています。 システムとこの「データレイク」を管理するために、OneFSと呼ばれる独自のファイルシステムがIsilonによって作成されました。 このケースでは、システム内の4つのノードの1つでカーネルパニックが発生し、いくつかのディスクで複数のエラーが発生しました。 EMCは、整合性チェックで複数のディスクにエラーがあることが示される前に、再構築でほとんどのファイルを収集できました。 不足しているデータを復旧するために、オントラックチームがファイルシステムを分析して、ストレージシステム全体でデータがどのように配置されているかを確認する必要がありました。

解決策

データが元々ディスク上でどのように分散されていたかを調べ、データマッピングを決定するために、オントラックの独自のR&D部門が、OneFSに固有のまったく新しいツールセットを開発しました。

これらのツールを使用すると、既存のOneFSボリュームを詳細に分析でき、「ビッグ」データレイク内の欠落または障害のあるデータファイル構造をさらに迅速に発見できます。 Isilonシステムのデータ構造がどのように設定されたかについての情報が収集されたため、エンジニアは最終的に欠落したデータを再構築して復旧することができました。

結果

結果的にオントラックのエンジニアは、暗号化自体が損傷した、いくつかの不良ファイル以外は、欠落しているファイルのほとんどすべてを復旧することができました。

顧客は、オントラックがこのような複雑な復旧を非常に迅速に処理したことを喜んでいました。 機密データが危険にさらされることはなく、オントラックが提供するソリューションは費用効果が高く、非常に短い時間枠で完了しました。 この場合のために新しく開発されたツールを使用して、オントラックは現在、Isilonストレージシステムからデータを復旧する機能を備えた唯一のデータリカバリーサービスプロバイダーです。