オントラックは、洪水後のデータベースとバックアップの復旧を行います。

状況

Dell Equallogic、ストレージエリアネットワーク、VMware ESXベース、およびRAID 10バックアップサーバー。

2016年春にドイツのバーデンヴュルテンベルクで発生した鉄砲水は、趣味や画材店のサーバールームの壁に浸透し、ITシステムに深刻な影響を及ぼしました。

大量の水がサーバールームに溢れ、2台のDellデバイスに影響を与えました。96台のハードドライブを備えたEqualLogic SANと12台のハードドライブを備えたRAID 10バックアップサーバーです。

SANハードドライブのストレージ容量は300〜700ギガバイトで、バックアップサーバーには24テラバイトのデータが含まれていました。 VMware ESX ServerのSANボリュームとSANのiSCSI接続が損傷すると、約30テラバイトのデータが失われました。 データが重要であり、そのほとんどに重要な顧客情報が含まれているため、オントラックが緊急リカバリーを手配しました。 VMware環境で実行されているいくつかのSAN仮想化LUNが重要な情報として優先され、そのうちの1つは、できるだけ早くリカバリーする必要がある特に重要なOracleデータベースを格納しています。 顧客は、バックアップサーバー上のすべてのデータだけでなく、重要なデータを含む2つの追加のLUNもリカバリーする必要がありました。

解決策

顧客と協力してデータ損失を評価し、リカバリーが必要なデータに優先順位を付けた後、両方のシステムのハードドライブを同時に処理する必要があると判断されました。 すべてのハードドライブはオントラックによってピックアップされ、ドイツのブーベリンゲンにあるデータ復旧ラボに配送されました。

到着時に、ハードドライブは最初にクリーンルーム環境で処理され、汚れが安全に取り除かれ、損傷の全範囲が検査されました。 この時点で、各ハードドライブのデータとそのサーバーの場所も文書化されました。

幸い、SAN内のドライブには機械的な問題はなく、正しく読み取ることができました。 ただし、バックアップサーバーの一部のドライブに障害があり、データのコピーを抽出するために、これらをクリーンルームでさらに処理する必要がありました。

動作中に水害によりVMware ESX Serverと電源への接続が中断されたため、SANデータのリカバリーは非常に複雑でした。 これは、EqualLogic SANおよびVMFSデータストア内のLUN (およびOracleデータベースやその他のファイル) へのマッピングリンクが大幅に破損していることを意味します。

復旧を実行するには、実際のファイルにアクセスするために、システムとファイル構造を再構築するためにオントラック独自のデータ復旧ソフトウェアツールが必要でした。 ただし、Dellバックアップサーバーの再組み立ては、データの破損がほとんど発生しなかったため、比較的簡単でした。

結果

オントラックのブーベリンゲンデータリカバリーラボのエンジニアは、影響を受ける両方のデバイスの要点を再構築して、重要なOracleデータベースや完全バックアップなどのデータに再度アクセスできるようにすることに成功しました。

全体として、顧客はオントラックの復旧専門家の作業に非常に満足していました。 必要な情報は緊急であり、リカバリーが完了するとすぐに必要になるため、リカバリー作業もDellサポートチームによって仲介され、データを新しいストレージシステムに復旧できるようになりました。