オントラックは、Commvaultデータベースから2億3000万を超えるファイルをリカバリーします。

状況

北米を拠点とする大手建築材料メーカーは、Commvault Media Serverのデータベースファイルが破損したため、深刻なデータ損失を経験しました。

顧客のデータストレージソリューションは、Commcell®管理システムの下にあるCommvaultサーバーとMedia Agentで構成されていました。 Commvault Simpana® 9がバックアップとアーカイブに使用されました。 同社は、事業運営に不可欠なメディアファイルにアクセスできなくなりました。

顧客は、仮想テープライブラリのバックアップの1つを開こうとしましたが、メディアサーバー上のファイルへのゲートウェイであるMediaAgentデータベースファイルが破損していて、サイズが0バイトであることを知りました。

メディアサーバー内に保存されている仮想テープとファイルはそのままでしたが、アクセスできませんでした。 顧客はCommvaultサポートに連絡し、Commvault Media Explorer Toolを使用して、展開されたDell® MD1200ストレージにあるメディアエージェントボリュームから不足しているデータを取得しようとしました。 顧客の努力は失敗に終わりました。 3500を超える仮想テープと25のテープセットが失われ、2億3000万を超えるアクセスできないファイルが発生しました。 幸い、顧客はCommvault Simpana 9を使用して、ボリューム全体をDellサーバーから外部ディスクにコピーし、オントラックに送信してデータをリカバリーすることができました。 残念ながら、データベースからファイルにつながるショートカットを含むメタデータは、メディアエージェントボリュームで転送されませんでした。したがって、ファイルにはまだ到達できませんでした。 データマッピングを発見するには、徹底的な調査が必要でした。

解決策

オントラックのエンジニアは、外付けハードディスクに含まれている情報を使用して、仮想アレイの元の構造を再構築することができました。

Commvaultシステムで使用されるデータマッピングを再構築するために、オントラックの内部ソフトウェア開発チームは、Commvaultがストレージシステム全体と組み込みディスクにファイルを配布する方法を調査しました。 Commvaultが使用するカスタムマッピングを決定し、仮想アレイをデコードした後、エンジニアが仮想テープバックアップセットも重複排除されていることを発見したときに、別の課題が発生しました。 オントラックソフトウェア開発者とデータ復旧エンジニアはカスタムツールを作成することができました。システムからファイルを読み取り、不足しているカタログとマッピング情報を再構築して、ファイルデータにアクセスします。 その後、エンジニアは抽出時にファイルを復元し、重複排除を削除することができました。

結果

最終的に、オントラックのエンジニアは、不足しているテープライブラリと、わずか2週間で2億3000万以上のファイルが含まれるテープセットを復旧することができました。

顧客は、復旧の成功とスピードに驚いていました。 Commvaultシステムと新しく開発されたツールに関する洞察により、オントラックのデータ復旧スペシャリストは、Commvaultベースのすべてのシステムからさらに高速にデータを取得できます。