Christopher Weiler

Christopher Weiler

KLDisovery最高経営責任者

ウェイラー氏は2005年にLDiscoveryを共同設立し、2016年にオントラックを買収しました。 LDiscoveryは、創業以来、米国でトップクラスのEディスカバリーベンダーとして台頭してきました。 LDiscoveryは、Socha-Gelbman, INC5000, Deloitte5000によって広く認められ、KCuraのOrageレベルのRelativity Best in Serviceの指定を繰り返し獲得してきました。 また、ウェイラー氏は、2014年にアーンスト&ヤングのワシントンDCの起業家賞を受賞しました。

ウェイラー氏は、LDIScoveryの共同設立に先立ち、訴訟支援と電子開示サービス会社に4000万ドルを注ぎ、オンサイトソーシングを設立・構築しました。この企業は、米国の法律事務所上位100社を対象に実施さたアンケートで、イメージング・コーディング・サービス企業の上位5社の1社として、また米国の電子開示サービス企業の上位10社の1社として指名されました。

ウェイラー氏は1985年に米海軍アカデミーを卒業し、1985年から1991年9月までワシントンDCの海上軍および海軍上院連絡要員として米海軍に勤務しました。また1991年9月から1992年12月までPitney Bowes Management Servicesのマネージャーとして勤務しました。

ウェイラー氏は、元第1チームでワシントン・ポスト・オール・メット・レシーバーとなり、海軍の1984年フットボールチームMVP、3人の大学選手の父親として、過去15年間の自由時間の大半を、若者バスケットボールと高校フットボールの若者の指導に費やしてきました。 1997年以降、ウェイラー氏はAAU、郡、CYOバスケットボールチーム、北バージニア州の高校フットボールチーム2チームのヘッドコーチまたはアシスタントコーチを務めました。

2004年にレイクブラドック中等学校に攻撃専門コーディネーターとして加わり、ウェイラー氏は2004年から2005年にかけてバージニア州、メリーランド州、DC史上最大の成績回復を遂げ、5つの地区チャンピオンシップ、2年連続でノーザン・リージョン・タイトル、2009年のバージニア州決勝旅行に参加しました。 また、ウェイラー氏は、校内の2つのフィールドの建設のために、個人的に200kドルを寄付しました。

Phil Bridge

Ontrack社長

ブリッジ氏は、20年以上に及ぶデータ・ストレージ技術の経験を、現在のオントラックの社長としての役割につなげています。 ブリッジ氏は、専門的で革新的なリーダーとして、営業から事業開発リーダーまで幅広い役割を担い、同社に対する見識と業界に対する深い知見を有しています。 ビジネスに対する起業家精神と革新的な取り組みは、世界中のオントラック従業員に、顧客のデータ損失は我々にとってのチャンスであることを確実にし、不可能を可能にする力を与えています。 NASAのスペースシャットル災害からハリケーン「カトリーナ」に至るまで、データ損失の最も極端なケースを取り上げることで、オントラックは消費者と企業の双方に、単純、そして複雑な案件に至るまで完全なデータ復旧サービスを提供してきました。

ブリッジ氏はEpsomオフィスに拠点を置きます。

Peter Böhret

Ontrack最高執行責任者

ピーター・ボーレットは22年以上の経験を持ち、オントラックの最高執行責任者(COO)としての豊富な知見を有しています。 彼の経歴を通じて、同氏は営業、プロジェクト管理、ビジネス開発に属し、データ・ストレージ・テクノロジー事業全体での膨大な経験を有しています。 オントラックに特化した、この10年間のヨーロッパ地区のグローバルな事業展開に携わり、オントラックのグローバルな営業、研究開発、業務部門における業務効率を把握することができました。

ボレット氏はドイツオフィスに拠点を置きます。