オントラック社(KLDiscovery Ontrack Limited)について

オントラックは、Eディスカバリ、情報ガバナンス、データリカバリソリューションのグローバルプロバイダーであるKLDiscoveryのデータ復旧・破棄・管理事業部門です。

米国ワシントンDCに本社を置き、現在、世界26カ所、17言語でのサポートを提供する世界最大級※6のデータ復旧企業として世界をリードしてきました。電子記憶媒体の高容量化、高速化が進む中で、いかに復旧技術の革新・向上を図り、データの復旧までに要する時間の短縮を実現するか、復旧能力を向上させるかがデータ復旧サービスの鍵であるため、本社にR&D(技術開発チーム)を設置しており、各グローバルパートナー企業と技術情報の共有を行ないながら、毎年研究に大規模投資を行っており、世界中の情報を基に新しい復旧ツールの開発を進め、何百もの独自技術による復旧ツールを駆使し、様々な方法でデータの復旧を実現します。更にデータ復旧だけでなく、レガシーマネジメント、磁気テープのソリューションなども含め、包括的サービスもお客様に提供してします。

データ管理ソリューション

世界中のクリーンルーム施設と、オントラックのエンジニアによる専門知識があれば、データの復旧、破棄、管理、あらゆる分野でオントラックがサポート致します。

下記の各ソリューションをクリックして、詳細を確認してください。

Data lifecycle Data recoveryEnd of lifeData availabilityArchiving & storage

Eディスカバリとコンサルティング・ソリューション

KLDiscoveryブランドを通じ、コンプライアンス、監査、規制・内部調査、訴訟などの法的プロセスにおいて、組織とその弁護士が証拠を効率的かつコスト効率的に管理できるように、最先端技術にてサービスとソフトウェアを提供しています。

私たちは、世界20カ国で43カ所以上の拠点を展開しています。 世界中で約1,300人の従業員が顧客支援に専念しており、各国に法律、言語、文化に詳しいコンサルタントを配置し、世界中でサービスを提供しています。

KLDIScoveryの探索  

会社沿革

データリカバリ

オントラックはソフトウェア、Disk Managerによる成功を契機に、ハードディスクドライブの破損データを復旧し、1987年にオントラックデータリカバリーを設立しました。

コンピュータの科学捜査

コンピュータから削除された情報を回収した経験と評判が高まるにつれて、連鎖保管記録を維持しながらデータを回収するよう法律事務所や政府機関から要請されるようになりました。

Eディスカバリ

1990年代、電子文書が紙文書を上回るようになるにつれ、企業は訴訟、調査、規制上の要請のために、電子文書と紙文書の両方を収集、分析、フィルター、処理、レビューするための効果的な方法を必要としました。

コンサルティング

オントラックは、組織が電子的に保存された情報の要求に積極的に対応し、データ災害を防ぐことを支援することの価値を理解し、2006年に戦略的コンサルティング業務を確立しました。

KLDiscoveryについて

KLDiscoveryは、法律、企業、政府機関、さらには消費者がデータを効率的かつ費用対効果の高いサービスで管理、復旧、検索、分析、作成できるようにするためのテクノロジ主導のサービスとソフトウェアを提供してします。受賞歴のある一連のソフトウェアに加え、データ復旧、データ破棄、電子的発見および文書レビューサービスを提供しています。