ハードドライブは、現代のコンピュータの中で最も重要な要素の一つであり、私たちの業務の核心にあります。データ回復 30年以上の経験の中で、当社はほぼすべてのタイプのハードドライブとすべてのブランドに携わる機会を得ました。

ハードディスクの歴史

IBMが1956年9月13日に最初のハード・ドライブを製作した時、50年以上にわたって私たちの日常生活に影響を与えると想像していた人は殆どいませんでした。 RAMAC(“Random Access Method of Accounting and Control”)は2台の冷蔵庫ほどの大きさで、1トンの重量を測定しました。 ヘッドを保護するためにエアーコンプレッサーが必要で、プレートはピザと同じくらい大きく、保管能力(5Mb!!)で、今ではポケットに収まるほど小さくなっています。

RAMACを基に3万5,000米ドル(現在は25万4,275米ドル相当)の長期融資を受けることができました。

25年後、パソコン用の最初のハードドライブが発明されました。MFMエンコーディング方式のおかげで、PCは4Mbのデータを保持し、625Kb/sの転送速度を達成することができました。 インタフェースST506の後のバージョンでは、より大きな記憶容量とより速い処理速度を可能にするRLLエンコーディング方法が導入されました。

IBMは1981年8月12日に、初めてのパーソナルコンピュータ「パーソナルコンピュータ(PC)、IBM5150」を発売して歴史を書き換えます。 IBM5150は、1565米ドルの費用で、小さな電子メールサイズほどの16Kbのメモリしか提供しませんでした。 80年代末でさえ、100Mbは非常に大きなドライブスペースと考えられていたことを思い出せますか。 今日では、このサイズはオペレーティングシステムをインストールするのに十分ではなく、もちろん、アプリケーションを実行するのさえ不十分でです。

『エコノミスト・ザ・エコノミスト』誌の編集長は、最初のパソコンの限界について、「今日の基準に比べると、あまりにも役に立たないので、最初のパソコンの有用性を想像するのは難しい」と語りました。

さまざまな進化のおかげで、ハードドライブの生産は50年代の数千台から2003年には2億6,000万台に増加しました。 磁気サポートの節約費用は、60年代のメガバイト当り2,057米ドルから、今日のではギガバイト当り0.033米ドルに増加しました。

ハードディスクの将来は?

現在、標準的なハードドライブのサイズは2種類あります。: 3.5インチおよび2.5インチで、デスクトップおよびノートパソコンで一般的に使用され、最大16テラバイトのデータ容量があります。 しかしながら、ドライブは小型化、小型化、パワフル化、低価格化が進んでいます。 日立製作所のビル・ヘリー所長によれば、テラバイトが入ったドライブは、ジュエリーのように装着できるほど小さくなるといいます。 「アルバムや歌、写真、行政文書など、すべてをまもなく身に着けることが出来る」と語りました。

現在では、6つの異なるドライブを使用することが一般的になっています。: パソコン、ノートパソコン、携帯電話、タブレット、ゲーム機、スマートTV。 一部の専門家は、「Internet of Things」の出現に伴い、25台以上のドライブを持つ世帯が出現するのではと予測しています。

また、今後5年間で、過去50年間と同数のドライブが供給されると予測されています。ガートナー、IDC、トレンドフォーカスなどのアナリストは、販売台数と売上高の大幅な伸びを信じています。

データ消失の防止

市場に新しいデバイスが登場し、保存されるデータの量が増えるにつれて、データ損失のリスクが増大します。 どのような手段でデータを保存したり、どのようなデータ保護への投資を行っても、データ消失は避けられません。 オントラックでは、30年近くに及ぶ体験の中で、想像できる災害のほとんどすべてを見てきました。 犬が骨とUSBメモリーキーとを混乱して噛みついてしまったり、激怒するにあたり、自分の携帯電話に銃を撃ち込んでしまったものまで、色々あります。仕事で使用するコンピュータにコーヒーをこぼしてしまったビジネスウーマンや、新生児の写真を誤って削除してしまった父親を忘れることは出来ません。

オントラックは、いかなるメディア、オペレーティングシステム、または記憶装置からでもデータを取得するための最も革新的な専門知識と技術を提供します。これは、情報がどんなに古くても、どれだけ磨耗しているかにかかわらず、データを取得を可能にします。

覚えておくべきアドバイスの1つは、常に最悪の事態を予想し、備えることです。 データ復旧サービスプロバイダと早期に関係を築くことで、最悪の場合に備えた緊急時対応策を用意出来ます。

保存・データ復旧履歴

現在、パソコンの記憶容量は非常に多く、データをクラウドストレージに保存することができ、スマートフォンではすぐにアクセスすることができます。 長年にわたり、私たちはある程度の技術を使ってきましたが、それ無しで生きることは難しくなっています。 しかし、技術が現在の水準に達するまでには時間がかかりました。

例えはAppleが1984年に最初のマックコンピューターを発売した事を知っていますか?今日、タブレットやスマートフォンを手に入れることができるように、同じ年にどのような発明が発売されたかを知っていますか?

RAID構成に関する最初のライセンスは、非常に影響力の大きい論文「A case for Redundant Arrays of Inexpensive Disks」(RAID)の発表の10年前の1978年ので行われたこと、または最初の商業データ復旧が1987年ののオントラックによって行われたことをご存知ですか?

あなたのデータを取り戻しましょう。

オントラックは大規模の政府・自治体、企業組織から個人ユーザまで、全てのお客様の大切なデータをサポートします。

03 6632 6270 無料見積り依頼