データベースタイプ

オントラック®データ復旧サービスは、データベースファイルにアクセス出来なかったり、または消失してしまった場合に、数多くののITプロフェッショナルやテクノロジーユーザーから信頼されているサービスです。

アプリケーション

  • Paradox®
  • Lotus®Notes
  • SAP
  • Sybase®
  • Visual FoxPro DBF
  • FileMaker®

あなたのデータベースがリストに存在していませんか? 心配要りません。どんなファイル、アプリケーションからでもデータを復旧をすることができます。

緊急データベース復旧

お客様のデータを早急に復旧する必要がある場合、リモートデータ復旧サービスを使用すれば、消失や破損したデータを新しいデータベースサーバーに復旧することができます。 オントラック独自のソフトウェアとセキュアなインターネット環境を使用し、クライアントサイトの設定を行います。 このソリューションは、迅速かつ安全に高い対費用効果でデータベースの復旧を行うことが出来ます。

データベース復旧プロセス

これらのタイプのファイル復旧を成功させるには、記憶装置またはシステムおよびデータベースを含むファイルシステムの検証が必要となります。

データ復旧ステップ 説明
ステージ1 ストレージブロックレベルでは、対象であるLUN、iSCSI*LUNの識別、低レベルRAID確認を行います。
ステージ2 ボリュームファイルシステムインデックスは、メタデータストリームの整合性**を確認します。
ステージ3 データベースファイルの完全性がチェックされます。
ステージ4 リカバリー可能な全てのテーブルと行のデータベースリストが完成します。

*iSCSI LUNは、データ管理を行うためSANの内部ファイルシステムに依存しています。 このタイプの論理ストレージでのデータ損失は、iSCSIファイルが格納されているSANのボリュームへのアクセスを必要とすることがあります。

**仮想ディスクファイル内に存在するターゲットボリュームは、データを管理するためにハイパーバイザーのデータファイルシステムに依存しています。 ハイパーバイザーボリュームレベルまたはゲストの仮想ディスクファイル内でのデータ消失は、調査を完了するためにエンジニアによる追加での作業が必要となる場合があります。

なぜデータベースの復旧にオントラックが選ばれるのでしょうか?

オントラック技術チームは開発者資格を保有しています。 私たちの保有する業界内パートナーシップによって、重要なデータベースアプリケーションからデータを復旧する為の、最良のソリューションを開発する事を可能にしました。

あなたのデータを取り戻しましょう。

オントラックは大規模の政府・自治体、企業組織から個人ユーザまで、全てのお客様の大切なデータをサポートします。

0120 682 201 無料見積り依頼