データ・セキュリティ

回収作業はオントラック認定社員が全て社内で行います。

物理的セキュリティ対策の徹底

データは常に暗号化された形式で返されます。

全ての顧客データに対する高セキュリティ手順:

  • すべてのデータはセキュリティカメラと社員によって毎日24時間監視

  • すべての顧客情報は「クロール制限」と呼ばれる当社の最高セキュリティレベルに分類されます。

    • すべての文書(機密情報のためのクロール文書を含む)、リムーバブルメディア、電子メールなどは「クロール制限」と分類されます。

  • すべての文書、リムーバブルメディア等は、承認されたバッジでのみアクセス可能な制限エリアに保管されています。

  • アクセスは、職務遂行を行う為に対象の情報を知る必要があるクロール従業員にのみ許可されています。

  • お客様情報が保管されているエリアへの物理的なアクセスは、オントラック認定従業員以外の者へは許可されていません。

    • 非開示契約や秘密保持条項契約を保有する社員は

    • オントラックの正規従業員が護衛した状態で、

    • 第三者機関は、情報を知る必要がありその権限を保有している場合でも、法務コンプライアンス部からの書面による承認を得る必要があります。

  • パブリックネットワーク上で送信されるデータは、オントラックで承認された暗号化プロダクトを使用して暗号化されなければなりません。

  • 用紙または取り外し可能な媒体は、使用しない時は施錠された倉庫に保管しなければなりません。

  • 顧客データのバックアップコピーは、機密性を維持するために原本と同じセキュリティ手順を必要とし、

  • すべての顧客データは暗号化されたドライブへ返されます。

ITAR手順

重要: メディアをオントラックに送信する前に、ITAR取扱いに関する詳細をデータサービス担当者まで連絡する必要があります。

  • ITAR媒体はオントラックに送られる前にお客様により「ITAR」とラベル付けされる必要があります。

  • 出荷/受領スタッフ(全てアメリカ人)はITARメディアを受け取り、それを当社の在庫システムに保管します。メディアはプロジェクト期間中、高いセキュリティ処理を目的にITARとして明確にラベル付けされています。

  • 発送/受付担当者は、カードアクセス制御があるITAR Labにメディアを運送し、メディアを安全な状態に保ちます。 この研究所へのカードアクセスは、アメリカ人でデータリカバリー従業員のみに限定されています。

  • あなたのメディアは、アメリカ人のデータ回復エンジニアによって、安全なデータ回復サーバーから取り出され画像化されます。

  • 作業完了後、回復したデータは暗号化された状態で選択したメディアにコピーされ、オリジナルメディアとともにITAR Lab内のメディアセーフに配置されます。 媒体は、出荷/受領担当者がそれを回収しお客様へ送り返すまで、ここに保管されます。

 

Data Security