DLT

DLTは、DEC TKのドライブ範囲から脱却し、高いデータ容量と高性能を誇る市場の主要プレーヤーの1つとして台頭してきました。

サーペンタイン記録フォーマット

DLTはヘルペンチンとして知られるレコーディングスタイルを使用しています。 レコーディングは、テープ先頭からテープ末尾まで交互に実行されるトラックペアのシーケンスとして実施され、それを繰り返します。

Serpentine

この記録方式により高速な操作や検索が可能になります。 テープ上のデータの特定のセクションを見つけるために、ドライブはトラックが閉じるまでトラックを横切り、その後テープに沿って検索することができます。

オントラックは世界中のDLTテープからデータを復元した経験を豊富に有しており他のデータリカバリー会社からも推奨されています。

上書き

DLTは非常に信頼性の高いテープです。 起こりう問題の大半の原因は人為的ミスによるものです。 テープを再初期化してしまったり、バックアップを起動する前に追加オプションを有効にすることを忘れてしまう事は良くあるエラーです。

メディア障害

記録の欠陥によって引き起こされるエラーは、複数のデータトラックに影響を及ぼす可能性があり、それが原因となってドライブがテープ上のその点を通過するたびにエラーを発生させる原因となる場合があります。 物理的な損傷が原因である場合、テープが損傷している時に読み取りを試みることで、データを更なる危険にさらす恐れがあります。

レファレンストラックダメージ

テープの始まり部分のトラックが破損した場合、ドライブは記録を識別できず、バックアップから復元が出来なくなります。

DAT

「SONY Audio DAT recorder」と「HP/SONY Recording format」(HP/SONY)から誕生した「DDS」は、テープバックアップの媒体として近年人気を高めています。

例えばHewlett-Packardのような企業は、近年4mm DATドライブの開発に力を入れており継続して開発を進めています。

フォーマットは、比較的低コストのドライブやテープと相性がよく、性能が良くて大容量です。

使用される記録方法はヘリカルスキャン型です。データトラックは、テープの幅を通って斜めに記録されます。

Helscan

ヒューマンエラーからハードウェアの故障に至るまで、さまざまな問題に対応するためのハードウェアを開発してきました。

上書き

上書きされたデータは失われますが、そのテープ上にある上書きされていない古いデータ全ては復元可能です。

メディア障害

障害を乗り越え、発見したデータを復元することができます。記録は1方向のみである為、障害個所を再度訪れることはありせん。

ミストラック

オントラックは、テープのトラッキング問題を迅速に調整するため、高度な装置を開発しました。

システム領域の損傷

テープの先頭箇所のシステム領域が破損した場合、テープは空白のように見えます。あなたのデータはまだそこに存在しており、オントラックはそれを復元する事が出来ます。

エクサバイト

Sony Camcorderメカニズムに由来して、データの完全性が向上したエクサバイトの8mmバックアップデバイスは、DEC VAXシステムの大容量バックアップデバイスとして1980年代に人気を得ました。

エクサバイトはハイエンドネットワークやUNIXシステムのドライブが普及するにつれて、そのメカニズムを強化し記録技術を改善し続けています。最新のドライブであるMammothは、最大40ギガバイトのデータを非常に高速に記録することが可能です。

使用される記録方法は、ヘリカルスキャン型です。 データトラックは、テープの幅に沿って斜めに記録されます。

Helscan

ヒューマンエラーからハードウェアの故障に至るまで、さまざまな問題に対応するためのハードウェアを開発してきました。

上書き

上書きされたデータは失われますが、そのテープ上にある上書きされていない古いデータ全ては復元可能です。

メディア障害

障害を乗り越え、発見したデータを復元することができます。記録は1方向のみである為、障害個所を再度訪れることはありせん。

ミストラック

オントラックは、テープのトラッキング問題を迅速に改善する為の高度な装置を開発しました。

システム領域の損傷

テープ先頭箇所のシステム領域が破損した場合、テープは空白になっているように見えます。あなたのデータはまだそこにあります。オントラックはそれを復元する事が出来ます。
 

Quarter Inchカートリッジ

クオーターインチカートリッジは、市場に4mm DATが登場する前にUNIX/PC環境でよく使用されていた優位性の高い設計の記録媒体です。また、初期のAS/400ミッドレンジシステムのメインバックアップオプションとしてはIBMによく使用されていました。

これらのドライブで現在もまだ製造されているメーカーは、タンバーグデータのみです。Archive、Wangtek、Sankyo等、他のメーカーのドライブはまだ数多く使用されています。

使用されている記録方法は蛇行状となります。データトラックは交互に転送され、その後逆に記録されます。

Serpentine

上書き

実際に上書きされていないすべてのデータを復元できます。 QICの複雑さは、最初のトラックの記録中に全幅消去バーが通電されることです。 これは、ドライブが空白のテープに書き込まれることを確実にし、それによって以前のデータに問題がないようにするためです。 これは、トラック全体が書き込まれると、テープの残りの部分が消去されたことを意味します。

メディアの欠陥

オントラックは、バックアップソフトウェアがそれ以上の読み込みを拒否しても、すべてのデータをメディアの欠陥を超えて復元することができます。

問題が現在のトラックに限定されている場合、残りのデータは無傷で復元されます。

トラッキング

オントラックは、重大なドライブ障害の後でもデータを復旧することができます。 オントラックでは、記録ヘッドがほとんど外れかけていたドライブで書き込まれたデータも復旧しました。

DC2000/Travan TR1、TR2およびTR3

最も安価なテープシステムは、コンピュータのディスケットコントローラに接続されるように設計されたものです。 これらは、DC2000またはミニデータカートリッジドライブとして知られています。

近年ではTravanおよびQIC Extraカートリッジがよく使用されており、その多くはマルチギガバイトの容量を保有しています。

誤消去または空テープの報告

これは、テープの先頭個所のVolume Tableに損傷を与えただけかも知れません。 オントラックは、テープボリュームまたはディレクトリ情報を参照する必要なくデータからファイルを識別することの出来るソフトウェアを開発しました。

損傷ファイル

データセット内にファイルが見つからなかった場合、ファイルの損傷を報告するアプリケーションもあります。 データが実際に損傷を受けていないことが多いため、オントラックユーティリティがデータ復元をする事が出来ます。

スナップテープ

オントラックは長期にわたりカートリッジの損傷への対応経験があり、全ての損傷していない領域からデータを復元することができます。

光・ワーム

オントラックは、光ディスクのさまざまな問題に対応するためのハードウエアとソフトウエアを開発してきました。

システム領域の損傷

損傷が光ディスクの欠陥テーブルまたは他のシステム領域に影響を与えると、媒体は完全にアクセス不可能になります。 オントラックデータリカバリーサービスは、無傷のセクタを低レベルで読み取ることができます。

オントラックは、回復されたディスクイメージから論理セクタが読み取れるように、欠陥リストを再構築するソフトウェアを開発しました。 たとえ大きな被害が発生している場合でも、オントラックは数多くのファイルを無傷で復元する事に成功しました。

メディアの欠陥

オントラックデータリカバリーサービスには、ディスクのファイルシステム管理領域が読み取れなくなった場合でも、ファイルの復元を可能にするディスクリカバリーソフトウェアが多数存在しています。

ファイルは、損傷を受けたハードディスクと同様に復元可能です。

物理的損害

スクラッチおよびゴージは、光ディスクレーザの性能に影響を与え、読み取りの有効性を低下させてしまいます。 オントラックは、物理的なダメージの影響を低減する技術を開発し、最も深刻なダメージを受けたエリアを除き読み込みを成功させました。

ワームフォーマット

オントラックのプログラマー達は、広範囲にわたり「一度の書き込み光システム」からのデータ処理を実行しており、新しいフォーマットに対する対応の経験に長けています。