SSDハードドライブ: デジタルストレージ業界の小さな改革

SSDハードドライブの出現は、データを記憶するために回転および電磁技術を使用する機械的ハードドライブと比較して、数多くの改良をもたらし、コンピューター業界における小さな改革でした。

SSDのハードドライブのスピードは速いですか?

過去10年間にわたり、デスクトップとノートパソコンの両方を構成する各パーツのスピードが急速に加速していることにお気付きですか?プロセッサ、RAM、グラフィックカードもスピードが向上してきましたが、長期にわたり主記憶装置であるハードドライブは技術的に停滞してきました。

磁気ハードドライブの平均速度は毎分7,200回転で、遅延時間は約4ミリ秒で、他のコンポーネントの性能を落とします。 ノートパソコンの場合、、このパフォーマンスが弱く、スペースが減少する為、ハードドライブの速度が毎分5,400回転に制限されるのが一般的です。 SSDドライブの到来により、この新しい技術は、機械的部品を取り除き、アクセス時間が0.1ミリ秒に達することを可能にした革命的な局面と言えます。

HDDと比較した際のSSDの主なメリットとは?

フラッシュメモリーのおかげで、携帯電話、タブレット、SDカード、USBスティック、そしてすべてのAppleノートパソコンでも見られるように、電磁ハードドライブに比べて性能が飛躍的に向上しました。

さらに、SATA IIIインターフェイス上で500Mb/sの転送速度を得た事で、SSDハードドライブの物理的性質は、従来のハードドライブに比べ、更なる強度を保証します。 ガラス製のプレートとリーダヘッドでスキャンされたプレートは非常に脆弱でしたが、SSDハードドライブは実際にはドライブを持たず、その代わりにフラッシュチップを保持します。 SSDは、完全にサイレントであるという利点を持ちながら、起こり得る衝撃、および振動に対しても最も抵抗性が高い製品です。

オフィスコンピュータやノートパソコンに対し、SSDハードドライブは同じ性能を維持します。 スペースが少なくて済むため、今日では専門家や個人に最適な、非常に薄いウルトラブックタイプのノートパソコンを開発することが可能になっています。

SSDドライブの寿命

磁気ハードドライブの寿命は、使用中に発生した衝撃や振動にリンクされ、、SSDハードドライブは、本質的に限定された寿命を提供します。 実際、各セルは、書き込み消去サイクルの回数が限られています。

MLC(Multi Level Cell)SSDハードドライブでは、各セルが複数のビット(情報単位)をサポート出来る仕様となっており、サイクルは5,000から10,000の間で振動します。この技術は、商業化されたモデルの大部分で使用されており、5年を大きく超えるスパンを約束しています。近年良く使用されるのOSであるWindows10、Linux4.13.2などは、ストレージユニットに書き込まれたデータ再配信の最適化によって寿命が改善されています。

SLC(Single Level Cell)SSDハードドライブには、1ビットだけをサポートするセルがあります。 このタイプの記憶装置は、より高価ですが、非常に高性能なコンピュータおよびSSDの速度を必要とするサーバに適しています。 書き込み消去回数10万回/セルの場合、理論寿命はMLCドライブよりも長く、10年を超えます。 テスト実施者の中には、20年を予測する者もいますが、これは賞賛に値するものではありません。

SSDハードディスクの信頼性

USBスティックやメモリーカードが困難なスタートを切ったのと同じように、ハードドライブにも初期の失敗、バグ、そして一部のメーカーの失敗がありました。 しかし、現在では、この技術は成熟しており、より高い記憶容量を提供することができます。

MLCドライブの大半は、過去10年の間、容易に動作をしてきました。そして、オペレーティングシステム内のファイル管理システムの進化により、ハードドライブの信頼性は向上しました。

SSDハードドライブを決定する際、ブランドの評判は考慮すべき要素です。なぜなら、ドライブそのものに加えて、ファームウェア(それを操作する小さな内部ソフトウェア)が根本になものであるからです。 今日では、SSDの故障は、そのサイクルの終わりであることよりも、故障したファームウェアと結びついていることが多いです。 購入する前には、専門の独立したサイトでのテストが不可欠です。

SSDハードディスクの修理 : アドバイス

SSDハードドライブの最適寿命を保証するために、多くのユーザーがHDDハードドライブと組み合わせて使用しています。 言い換えれば、システムおよびソフトウェアはSSD上に記憶し、データはHDD上に記憶され、書き込み消去サイクルを最適化します。

SSDハードディスク障害が発生した場合、まずBIOSおよびシステムで検出されたかどうかを確認するために、最初にセカンダリユニットとしてプラグインして下さい。検出された場合、起動ファイルが破損した可能性があります。予めバックアップが行われていない場合は、システムの復旧または完全な再インストールを行う必要がありますが、私たちはこれには強く反対しています。

SSD使用中に読み取り速度または書き込み速度が著しく低下した場合、ファームウェアが原因となることが多いと言えます。更新を確認し、必要に応じて実施します。

ハードドライブが使用できなくなった場合、データ復旧は従来のハードドライブよりも細心の注意を払って処理しなければなりません。 まずは、TestDisk またはオントラックEasy Recoveryを使用してデータを復旧を試みてください。 プロセスが失敗した場合、データ復旧には高度な操作が必要となるため、専門的なデータ復旧が必要となります。

あなたのデータを取り戻しましょう。

オントラックは大規模の政府・自治体、企業組織から個人ユーザまで、全てのお客様の大切なデータをサポートします。

03 6632 6270 無料見積り依頼