クラウド内のデータが消失? 永遠に消えてしまったわけではありません。 私たちはプライベートおよびパブリッククラウドストレージからデータを復旧できます。

クラウドでデータを失った場合は、影響を受けたボリュームへのコンタクトを中止して、クラウド回復の経験を持つデータリカバリー専門家に素早く連絡する必要があります。 マルチテナント環境や共有クラウド環境でデータロスが発生した場合、他のユーザーがデータを上書きする可能性があるために特に重要となります。

 

オントラックの優位性

クラウドサービスからデータを復旧するための経験と独自の技術を有しています。

私たちは、小規模開発プロジェクトのクラウド利用から二次的インフラ開発まで、そして何百万人の携帯電話ユーザーをサポートする全国のスマートフォンデータサーバーまで、様々なレベルでのクラウドサービスプラットフォームを持つお客様のデータを復旧してきました。


あらゆるプラットフォームでのデータ消失状況

クラウドプラットフォームデータロス状況データリカバリーソリューション
Infrastructure-as-a-Service (IaaS)
  • ロジカルボリュームの上書き
  • 上書きされたデータファイル
  • 削除したファイル
  • 削除されたパーティションまたは削除されたロジカルボリューム
  • アクシデントボリュームリフォーマット
  • スナップショット管理不正

IaaSは、このサービスを提供するための仮想化技術を用いています。Remote Data Recovery®サービスは、IaaSクラウドプラットフォーム向けの最高のソリューションです。

Software-as-a-Service (SaaS)
  • Droppedデータベース
  • ドロップテーブル
  • 削除した行データ
  • システムテーブルの破損
  • 不正データベースファイル
オントラックは独自のリカバリーアプリケーションを使用して、特定のファイル・データ・タイプを検索し、復元します。 Remote Data Recoveryサービスは、データを検索する最も効率的な方法です。
SaaSデータベースファイルへのアクセスが必要になります。
Platform-as-a-Service (PaaS)
  • 削除されたパーティションまたは削除されたロジカルボリューム
  • アクシデントボリュームリフォーマット
  • スナップショット管理の不正
PaaSシステムリスクとは、使用するプラットフォームを構成するメモリボリュームに対するデータ損失を意味しています。
Remote Data Recoveryサービスは、データを検索する最も効率的な方法です。
クラウドストレージ
  • ロジカルボリューム上書き
  • 上書きデータファイル
  • 削除したファイル
  • 削除されたパーティションまたは削除されたロジカルボリューム
  • アクシデントボリュームリフォーマット
  • スナップショット管理の不正
オントラックは、バックアップ冗長性を持たない多くのクラウドストレージプロバイダからデータを復元してきました。 今すぐオントラックに連絡ください。対象ファイルのほぼ100%がリカバリーされます。

クラウドのデータ復旧プロセス

クラウドデータリカバリーを成功させるには、管理者アカウントを介したリモートアクセスと、要求されたデータを含むストレージデバイスまたはシステムおよびファイルシステムの検証が必要となります。

データ復旧ステップ

説明

ステージ1

ストレージブロックレベルでLUN、iSCSI*LUN識別、ローレベルRAID確認を行います。

ステージ2

データストアボリュームファイルシステムインデックスは、メタデータのデータストリームの完全性についてチェックを開始します。 **

ステージ3

ゲストファイルシステムとその内容を検証します。

ステージ4

リカバリー可能な全てのデータのファイルリストが完了します。

 

*iSCSI LUNは、データ管理をするためにSANの内部ファイルシステムに依存しています。このタイプの論理記憶域内のデータ損失は、iSCSIファイルが格納されているSANのボリュームへのアクセスを必要とすることがあります。

**仮想ディスク・ファイル内に存在するターゲット・ボリュームは、データを管理するためにハイパービザーのデータ・ファイル・システムに依存しています。 ハイパーバイザ容積レベルまたはゲストの仮想ディスクファイル内でのデータの消失に関する調査は追加での専門家の介入を必要とする場合があります。

クラウドリカバリーオプション

お客様の個別のニーズに様々なサービスオプションで対応いたします。

 

リモート

お客様のストレージ媒体を実際に動かさなくてもリモート対応にてデータを復旧できます。インターネット経由でシステムに接続し、遠隔操作で復旧を行います。

ストレージ媒体またはシステムが動作している場合に使用できます。

 

ラボ内

どんな媒体、データ消失状態でも、最善のデータ復旧オプションを提供できます。

データの安全性を確保するために、最先端のデータ復旧設備とISO-5/クラス100のクリーンルーム環境で作業を行います。

 

オンサイト

対象媒体が該当の場所から移動させられない場合に、オンサイト復旧オプションを選択できます。

このオプションは、緊急サービスにのみ使用可能です。 オンサイトデータ復旧のためには、ストレージ媒体またはシステムが動作している必要があります。

サービスの流れ

無料相談➔診断➔復旧➔返却、の4ステップ構成になります。

専任の担当者が、無料相談からデータのご返却まで、しっかりサポートさせていただきます。

 

お気軽にお問合わせください。

こちらは個人のお客様・法人(企業)様用のお問い合わせフォームになります。
フォーム送信後、担当者よりご連絡いたします。