完全なテープ監査を行い、予期しないリストアの必要性に備えておきましょう。 緊急でのリストアの必要性が発生した場合、データアクセスと識別が簡単にできるようにテープライブラリを管理しましょう。

リスクの緩和

きちんとマーク付けやラベルがない、または破損しているテープアーカイブでは、必要性に応じたリストア対応やEOL(エンドオブライフ)でのデータ破棄処分を正確、且つ迅速に行えない可能性があります。

  • 不適当なアーカイブデータの破棄を防止
  • コンプライアンスや訴訟問題発生のリスクを防止
  • 該当データの検索やリストアにかかる時間を短縮
  • レガシーデータ保持に伴うコスト削減
テープアーカイブ監査

ラベルなしテープの危険性

  

メディアがまだ法的保存期間内であっても、偶発的な撤回または破棄。

  

ラベルされていないテープは、潜在的なデータ侵害のリスクを高めます。

  

訴訟手続への提出に必要なデータは利用できなくなっているか、見つからない。

  

ラベルされていないテープは、潜在的なデータ侵害のリスクを高めます。


大量のアーカイブされたレガシーデータとテープライブラリの管理

オントラックはテープ媒体を効率的にカタログ化できます:

  • 媒体が法的保存期間内にある場合、アーカイブデータの偶発的な破壊を防止する
  • コンプライアンスまたは訴訟の可能性を回避する
  • データを探して復旧する時間を短縮する
  • 古いテープデータを保存するコストを削減する
テープアーカイブ監査

テープ監査のプロセスとアドバイス

全てのテープ監査対応はお客様のニーズに合わせて調整することが可能です。基本的なプロセスには以下のものが含まれています。

 

アーカイブレビュー

現状のITインフラ内でサポートされていないテープや、間違ったカタログが作成されているテープを検索します。

 

データへのアクセスチェック

社内でどのようなストレージ技術を保持しているかを理解し、レガシーデータにアクセスする為に必要な対応環境があるかを確認します。

 

データ保持期間の解析

テープライブラリ内の古いデータを特定しそれを効果的かつタイムリーに破棄するサポートします。

 

媒体の状態を調査

緊急を要するリストア要件対応中に、損傷テープが出てこないよう、テープアーカイブの状態を前もってテストいたします。


サービスには何が含まれますか?

1.

データのインテグリティと不整合報告

2.

市場に流通している、ほぼ全てのテープとメディアのフォーマットをサポート

3.

サンプルでのリストア、または完全なセットでのリストア等、お客様のご要望に沿った対応

4.

専任の経験豊富なプロジェクトマネージャーによる対応


テープサービスのお見積りをご依頼

オントラックが選ばれる理由

  • 1985年から世界をリードするデータマネージメントとソフトウェア
  • マルチサイト/管轄ケースの為の、世界 33 ヶ所のオフィスと国際的なサービス範囲
  • 30年を超える技術経験と他では対応不可能で特殊な問題も解決する R&D (技術開発)チームによる対応
  • バックアップインフラ/ソフトウェア上で独立して稼動する独自技術を使用したソフトウェアツール
  • 要望に応じた分析過程の管理と厳しいセキュリティポリシー
  • セキュリティ準拠-US国防省より、卓越したセキュリティーとして2度の受賞歴

アーカイブスペシャリストとの最初のコンサルテーションで、プロジェクトの目的や、成功に必要なキーポイン トを明白にすることができます。まずはご連絡ください。