会社沿革

オントラックは、1985年にソフトウェア業界に参入しました。 オントラックによって製造された最初の製品はDisk Manager®でした。これは、コンピューターのハードディスクをインストールするプロセスをはるかに簡単にしたソフトウェアプログラムです。 ソフトウェアの成功により、同社は破損したハードディスクドライブからデータを回復するビジネスに参入し、1987年にオントラック・データリカバリーを設立しました。

データ復旧サービスの需要が高まるにつれ、同社は規模、製品、提供サービスと専門知識を進化させました。 現在、当社はさまざまなメディアタイプ(ハードディスク、サーバー、RAID、テープ、メール、SSD/フラッシュドライブ、モバイル)で年間平均50,000件のデータ復旧を実行しています。


オントラックの年表

2019年

Pivotal Acquisition CorpがKLDiscoveryと合併し、上場企業になります。

2018年

オントラックは、スマートフォンとタブレットの復旧サービスに特化した新しい施設をポーランド、イギリス、ミネソタに開設しました。 オントラックとキングストンテクノロジーは、戦略的提携を結び、企業や個人に最高かつ最先端のデータ消去ソリューションを提供します。

2017年

会社のブランド名をKLDiscoveryに変更。新しいKLDiscoveryブランドと新しいロゴの立ち上げは、クライアントに最高のeDiscoveryおよびデータ復旧ソリューションを提供するという同社の取り組みを象徴しています。KLDiscoveryの事業であるオントラックは、データ復旧、メールの抽出と復元、データ破壊、およびテープ管理の世界的なマーケットリーダーです。オントラックは、WindowsおよびMacOS向けの機能が強化されたOntrack EasyRecoveryの新しいリリースを発表しました。

2016年

KLDiscoveryは、クロール・オントラックを買収し、世界最大の電子情報開示プロバイダーの1つを設立しました。 同社はElite Document Solutionsを買収しました。

2015年

クロール・オントラックは、ホステッド消去ソリューションのローンチにより、消去プロセスを管理するための迅速で簡単なソリューションを企業に提供します。

2015年

2014年

クロール・オントラックは、Ontrack PowerControls for SQLのリリースにより、SQL Serverテーブルの復元方法を根本的に変えます。

2014年

クロール・オントラックとブランコは、拡張されたデータ消去ソリューションを提供するための戦略的提携を結びます。

2013年

2013年

2012年

2012年

クロール・オントラックは、ディーン・ハンガーを同社のCEOに任命します。

2011年

クロール・オントラックは、Verveとともに電子情報開示Software-as-a-Service市場に参入しました。

2011年

クロール・オントラックは、内部監査およびコンプライアンス・レビュー・サービスを開始し、組織の不正行為や反競争的行動などの不正の早期検出を支援する技術により、規制遵守に関連するリスクを積極的に軽減するのを支援します。

2010年

国際的なスクリーニングおよびセキュリティソリューション企業であるAltegrity Inc.は、Marsh&McLennan(MMC)からクロール・オントラックの親会社であるクロール社を買収しました。

2007年

クロール・オントラックは、トライアル・コンサルティングおよびプレゼンテーションサービスの大手プロバイダーであるTrialGraphix, Inc.を買収し、法律事務所および企業が、訴訟前の準備から開示および裁判に至るまで、訴訟コンサルティングおよびテクノロジーのニーズに1人の専門家を関与させることを可能にします。

2007年

クロール・オントラックは、電子的に保存された情報(ESI)のコンサルティング業務を開始し、企業や外部の弁護士が、電子的に保存された情報のアクセス可能性に関連する技術的な複雑さや法的基準および電子開示に関連するその他の技術的問題を切り抜けられるようにします。

2006年

クロール・オントラックは、データ復旧、データ消去、コンピューター・フォレンジックサービスのプロバイダーであるノルウェーのIbas Holdingsと、特許取得済みの概念検索テクノロジーの所有者であるEngeniumCorporationを買収しました。

2004年

Marsh&McLennan(MMC)は2004年第2四半期にクロールを買収します。

2004年

クロール社は、大手訴訟サポート会社であるQuorum LitigationServicesを買収します。 電子証拠に関するクロール・オントラックの長年の専門知識と、紙ベースのドキュメントの処理に関するQuorumの長年の専門知識を統合することで、法律専門家は、単一の統合されたソースから、より迅速、より簡単に、より費用効果の高いドキュメント開示および管理ソリューションを実現できます。

2003年

クロール社は、訴訟サポートおよび法的情報管理サービスのイギリスの市場リーダーであるOyez Legal Technologies LimitedをOyezStraker Group Limitedから買収しました。 クロール・オントラックは、フルサービスのLegal Technologiesソリューションのイギリスへの提供を開始しました。

2002年

クロール社 は、オントラックを買収し、クロール・オントラック社という名前のクロールの新しい完全所有子会社を設立し、クロール社の「テクノロジー・サービス・グループ」を形成しました。 TSGの下で、クロール社は、電子開示およびコンピューター・フォレンジックサービスを「クロール・オントラック」というブランド名で販売し、データ復旧ソフトウェアおよびサービスを「オントラック・データ・リカバリー」というブランド名で販売しています。

1999年

オントラックは、新しく開発されたデータ・フィルタリング、キーワード検索、および重複排除技術を使用して、独占禁止法に基づく合併調査で全米法律事務所ランキング・トップ200(Am Law 200)の法律事務所を支援します。 この電子情報開示プロジェクトには、200人を超えるデータ管理者からのさまざまなOS、電子メールパッケージ、およびソフトウェアアプリケーションが含まれ、同プロジェクトでは、430万ページの潜在的に応答性の高いドキュメントが作成されました。オントラックの電子開示サービスが正式にローンチされます。

1996年

オントラックは、元従業員が会社の技術インフラストラクチャにコンピューターの「時限爆弾」を発射したときに失われた会社のデータを正常に回復します。オントラックのデータ復旧の専門家は、コンピューターの時限爆弾の出所を科学捜査し、法廷で専門家の証言を提供しました。オントラックは、現在コンピューター・フォレンジックビジネスグループとして知られているものを正式に開始しました。

1995年

オントラックは Y-E Dataと提携し、データ復旧サービスを日本にもたらします。オントラックはまた、弁護士、法執行機関、および調査官からコンピューターから削除された情報を復旧するデータ復旧サービスの依頼を受け、電子証拠サービスの提供を開始し、同時に証拠保全の記録を保持します。

1991年

オントラックのデータ復旧サービスはヨーロッパに拡大します。

1987年

1985年

オントラックは、1985年にControl Data Corporationの元従業員3人、マイケル・ロジャース(CEO)、ジョン・ペンス(社長)、ゲイリー・スティーヴン(エンジニアリング担当副社長)によって設立されました。