クラウドデータは実際にどこにあるのでしょうか?

2020年5月7日 - ペドロ・ヴァスコンセロス (Pedro Vasconcelos)

DST_image_970x300_hero-RAID

  • 目次
  1. データは実際にどこに保存されているのでしょうか?
  2. 誰が私のデータにアクセスできるでしょうか?
  3. 覚えておくべき重要な点

 

クラウドコンピューティングについて考えてみてください。最初に頭に浮かぶのは、通常、Googleドライブ、Dropbox、iCloudなどの主流のアプリケーションですが、想像以上に多くのものがあります。

まず、クラウドコンピューティングが実際に何であるかを理解する必要があります。一言で言えば、クラウドコンピューティングとは、インターネット上の自分の小さな領域から個人(または企業)データを保存および取得することです。ローカルハードドライブには何も保存することなく、どこからでも、どのデバイスからでも、いつでもアクセスできます。

もしこれが、少し遠い未来の話に聞こえる場合は、すでに使用しているメールサービスについて考えてみてください。Gmail、Yahoo、Hotmailなど。送受信するメールは実際にはローカルハードドライブのスペースを占有しておらず、メールプロバイダーのサーバーに保存されています。これはクラウドコンピューティングの一種です。

この例をさらに進めるために、任意のPC、任意のノートパソコン、および任意のスマートフォンからログインしてメールにアクセスできることを忘れないでください。これはクラウドによってのみ可能になります。

ただし、多くの人は、「クラウド」に保持されているにもかかわらず、データをデバイスのどこかに物理的に保存する必要があることに気づいていません。これがフラッシュストレージであろうと従来のハードドライブストレージであろうと、このサービスを提供する企業は、データの保存専用の巨大なサーバーを持っている必要があります。これらの場所はしばしば 「サーバーファーム」と呼ばれ、24時間年中無休で稼働しているサーバーで満たされた本質的に広大な倉庫です。

このことは、以下のような疑問を提起します:私のデータは実際にどこに保存されているのでしょうか?誰が私のデータにアクセスできのでしょうか?、また私のデータは安全でしょうか?

 

私のデータは実際にどこに保存されているのでしょうか?

データがどこに保存されているかという点では、掘り下げない限り、本当にわからないと言っても過言ではありません。プロバイダーは(たとえば)米国に拠点を置く場合がありますが、サーバーは中国、英国、または世界の他の場所にある場合があります。多くの企業は、コストを削減するために、サーバーファームを他の場所にアウトソーシングしています。そのため、データが実際にどこにあるかを知ることは非常に困難であり、クラウドプロバイダーは必ずしもこれを開示するとは限りません。

 

誰が私のデータにアクセスできるでしょうか?

誰があなたのデータにアクセスできるかは、考慮すべきもう1つのポイントです。評判の良い企業は、セキュリティシステムを試し、テストして、自分だけがデータにアクセスできるようにしています。これは重要なことですが、信頼するかどうかにかかわらず、同じ量のストレージと機能を提供する顔の見えない企業もあります。 さらに、データを安全に保ち、常にアクセスできるようにするために実施されているセーフガードについても確認する必要があります。ほとんどの評判の良いクラウドストレージプロバイダーは、災害が発生した場合にファイルが安全であることを保証するために、さまざまなサーバーにデータを数回複製します。これは、データが100%安全であると言っているわけではありません。 自然災害、火災、悪意のある損傷(たとえば)はすべて計画できるイベントですが、必ずしも回避できるとは限りません。

 

覚えておいてください…

覚えておくべき重要な点は、データはローカルハードドライブに物理的に保存されていなくても、どこかに保存されていることです。このことを念頭に置いて、PC、ノートパソコンのハードドライブと同じ障害や問題がクラウドにも発生する可能性があります。サーバーファームは無敵ではありません。ストレージメディアに障害が発生したり、大企業がハッキングされたり、サーバー上でコンピューターと同じように簡単にデータが削除されたりする可能性があるため、重要な機密ファイルをすべてクラウドに保存する場合は注意が必要です。

 

(原文:英語)
(翻訳: KLDiscovery Ontrack株式会社)