SSDの寿命:SSDどのくらい持つのでしょうか?

2020年7月30日 - ティリー・ホランド (Tilly Holland)

Padlock SSD

  • 目次
  1. SSDの利点は何でしょうか?
  2. SSDの欠点は何でしょうか?
  3. 書き込まれたテラバイトの見積もり(TBW)
  4. サムスンの例
  5. SSDの寿命は約束よりもさらに長い
  6. SSDの寿命が約束よりも長ければ、問題点は何でしょうか?

 

数年前まで、多くのIT管理者達は、突然の障害が原因で貴重なデータが失われるリスクを懸念していました。このようなことがあるので、メーカー側は、機密データを処理する場合でも、SSDを安全に使用できることを長い時間かけ、しらしめてきました。

NANDフラッシュチップベースのSSDは、データを磁気プレートに保存する従来のハードディスクドライブとはまったく異なるストレージメディアです。これは、電子コントローラーといくつかのストレージチップで構成されています。SSHDとも呼ばれるハイブリッドドライブは、通常の磁気ハードディスクドライブとストレージチップの両方のストレージテクノロジで構成されています。

 

SSDの利点は何でしょうか?

ストレージ用の電子チップの主な利点は、内部にスピンドルを備えたHDDよりもはるかに高速であることです。これは、通常のHDDが多くの機械部品と回転ディスクで構成されているためです。また、読み取り/書き込みヘッドの再配置には、電子インターフェースを介してデータをプッシュするよりもはるかに時間がかかります。さらに、SSDのアクセス時間は非常に短いため、リアルタイムのアクセスと転送が必要な環境での使用に最適です。

 

SSDの欠点は何でしょうか?

NANDフラッシュベースのチップを搭載したSSDの欠点は、デフォルトで寿命が限られていることです。通常のHDDは、理論的には永久に使用できますが(実際には、最大で約10年)、SSDの寿命には「死の時」が組み込まれています。簡単に言うと、電気的効果により、データはチップ内の蓄電池に、その寿命の間に約3,000〜100,000回しか書き込むことができないという事実が生じます。その後、セルは新しいデータを「忘れます」。この事実のために、そして特定のセルが常に使用され、他のセルが使用されないようにするために、メーカーはウェアレベリングアルゴリズムを使用して、コントローラーによってすべてのセルにデータを均等に分散します。HDDと同様に、ユーザーはS.M.A.R.Tという SSDの残りの寿命を示す分析ツールを使用して現在のSSDステータスを確認できます。

 

書き込まれたテラバイトの見積もり(TBW)

通常、メーカーは、いわゆるテラバイトの書き込み(TBW)を使用して見積もりを行います。特に、エンタープライズSSDの場合だけでなく、消費者版の場合も同様です。ウェアレベリングを使用することにより、データがすべてのセルに均等に分散されるため、この数値は、ストレージチップ内のすべてのセルおよび全寿命にわたって実際に書き込むことができるデータの量を示しているはずです。

250GB SSDの一般的なTBWの数値は、60〜150テラバイトの書き込みです。つまり、保証されたTBW 70を超えるには、ユーザーは1年間にわたって毎日190(!)GBを書き込む必要があります(つまり、SSDの3分の2を毎日新しいデータで埋める必要があります)。消費者環境では、これはほとんどありません。

 

サムスンの例

Samsungによると、128 GB、256 GB、512、または1TBの容量を持つSamsung SSD 850 PRO SATAは、「150テラバイトの書き込み(TBW)を処理するように構築されています。これは、10年の期間、1日あたり40GBの読み取り/書き込みワークロードに相当します。」サムスンは、この製品が 「最大600テラバイト(TBW)の書き込みに耐える」ことを約束しています。通常のオフィスユーザーは、通常の日に約10〜35GBを書き込みます。この量を40GBまで増やしても、70 TBWの制限に達するまで、ほぼ5年以上書き込むことができる(そして書き込むことしかできない)ことを意味します。

 

SSDの寿命は約束よりもさらに長い

最新の推定では、SSDの年齢制限は約10年ですが、SSDの平均寿命は短くなっています。 Googleとトロント大学の共同研究では、SSDを複数年にわたってテストしました。SSDの使用年数が、SSDが機能しなくなったときの主な決定要因であることがわかりました。 また、この調査では、SSDの交換頻度がHDDよりも約25%少ないこともわかりました。

注意:SSDからデータが失われた場合は、専門のデータ復旧サービスプロバイダーに連絡することをお勧めします。物理的な障害に関しては、ユーザーが自分でデータを復旧または救出する可能性はありません。また、コントローラーかストレージチップが誤動作している場合、専用のデータ復旧ソフトウェアツールを使用してデータを復旧しようとするとさらに危険です。それは、データを二度と復旧する機会がなく、永久的なデータ損失につながる可能性があります。

 

SSDの寿命が約束よりも長ければ、問題点は何でしょうか?

SSDの平均寿命は当初の予想よりも長いですが、この記憶媒体の使用は依然として深刻な脅威をもたらします。デバイスへのアクセスが難しい場合が多いため、障害のあるSSDからのデータの復旧はデータ復旧サービスプロバイダーによってもHDDからのデータ復旧よりも依然として困難です。 SSDコントローラーチップが壊れていると、デバイスとストレージチップにアクセスできなくなります。この問題の解決策は、不良チップと同一の機能しているコントローラーチップを見つけ、それを取り外して同一のものと交換してアクセスできるようにすることです。 一見単純に聞こえますが、実際には難しい作業です。 これは、障害のあるストレージチップからデータにアクセスしようとする場合にも同様に、当てはまります。 多くの場合、Ontrackのようなデータ復旧の専門家はデータをリセットすることができます。 過去数年間で、Ontrackはこれらの課題を克服するために多くの特別なツールとプロセスを開発し、失われたデータを正常に復旧しました。

注意:SSDからデータが失われた場合は、専門のデータ復旧サービスプロバイダーに連絡することをお勧めします。物理的な障害に関しては、ユーザーが自分でデータを復旧または救出する可能性はありません。また、コントローラーかストレージチップが誤動作している場合、専用のデータ復旧ソフトウェアツールを使用してデータを復旧しようとするとさらに危険です。それは、データを二度と復旧する機会がなく、永久的なデータ損失につながる可能性があります。

 

(原文:英語)
(翻訳: KLDiscovery Ontrack株式会社)

 


SSDのデータ復旧サービスについては、フォームまたはお電話でお問い合わせください:

0120 682 201  無料診断はこちら


Load more comments


セキュリティコード