オントラックがスペースシャトルコロンビア号からデータを復旧した方法

2017年6月21日 - アントワーヌ・ヴァレット(Antoine Valette)


スペースシャトルコロンビア号で何が起こったのか?

2003年2月1日、宇宙で17日間過ごした後、スペースシャトルコロンビア号は午前9時16分にケネディ宇宙センターに着陸し、STS-107ミッションを完了する予定でした。災害が発生したのは午前9時頃でした。CNNは、テキサス州の上空でシャトル崩壊と生放送しました。墜落の原因は、離陸後わずか80秒でシャトルから断熱フォームが剥がれたことでした。

墜落から6か月後、エンジニアはシャトルからハードディスクの残骸を発見することができました。NASAは、できるだけ多くのデータを復旧することを期待して、このハードディスクをオントラックに送りました。

オントラックのエンジニアであるJohn Edwardsと彼が率いるチームがこの任務に就きました。Edwardsは次のように述べています。

「私はこれまでのキャリアの中で多くの災害を目の当たりにしてきました。最も過酷な条件(洪水、火災、衝突など)で被害を受けた機器からデータを取得したこともあります。ある日、上司から連絡があり、ハードディスクが大気圏を通過した後に部分的に溶解し、驚異的な速度で約40マイル落下して着地した後で、そのハードディスクからデータを復旧する予定であると説明されました。しかも発見される前に6ヶ月もの間、粉砕された状態にあったものです。それは非常に複雑な作業でした。ハードディスクを最初に見たとき、正直に言って、そのディスクから何かを得ることができるとはとても思えませんでした。」

 

スペースシャトルコロンビア号の余波

確かに、メディアには部分的な細断と焦げがありました。また、数ヶ月間さらされていた環境に対しても脆弱でした。ダストシールは、大気中を通過する際の強烈な熱によって壊滅的な影響を受け、あらゆる種類の粒子にさらされていました。これらの粒子によってハードディスクは損傷を受けており、後からそれを回復することは不可能であると思われました。

オントラックのエンジニアはすべてのリソースを活用しました。希望はまだ残っていました。実際に、何時間にもわたる作業の後で、エンジニアはハードディスクに存在するデータの99%を正常に復旧しました。

 

成功した理由

データが保存されていた回転金属板と収集したデータが含まれる部品(ハードディスクの記憶容量400MBのうち240MB)は、ほとんどの部分が良好な状態でした。さらに、NASAのコンピューターはDOSオペレーティングシステムを実行していました。このシステムは、ハードディスク全体にデータを分散させるのではなく、特定の場所にデータをグループ化します。 衝撃やほこりの影響を受けなかったのは、まさにこの場所でした。

次のステップは、最初のハードディスクから回転する金属板を注意深く取り外し、新しいハードディスクを清掃して配置し、乗組員が宇宙で収集したデータの99%を復旧することでした。

STS-107の目的は、生物学的実験から情報を収集することでした。これらの結果は、5年以上後のPhysical Review Eの2008年4月号に掲載されました。

 

(原文:英語)
(翻訳: Lionbridge Technologies Inc)