ハードディスクが正常に動作しているかどうかを確認するには?

2019年1月9日 - マイケル・ヌンチック (Michael Nuncic)

個人ユーザーであろうとIT部門で働いていようと、使用しているハードディスクが正常に機能しなくなっているという恐ろしい現実に直面することがあります。

大きな引っかき傷や「カチッ」という音の通常の症状とは異なり、ハードディスクに物理的な欠陥があるかどうかが、すぐにわかるとは限りません。多くのユーザーは、それが苛立たしく、またこの問題が、1回限りの問題なのか、それとも繰り返し起こる問題なのか、どのように対応してよいかを知りません。ハードディスクの障害は、デバイスの平均寿命は通常3〜5年程度であるため、比較的早い段階で発生する可能性もあります。

ハードディスクがまだ応答している場合は、個人がデバイスの状態を評価するために使用できるさまざまな適切な診断ソフトウェア製品がありますが、ツールの品質はさまざまです。比較的無害なものもあれば、ハードウェアに深く干渉し、ハードディスク(およびデータ)がツールから深刻な損傷を受ける可能性があるものもあります。

 


  • 目次
  1. SMARTツールの活用
  2. 手遅れになるまで待たないでください
  3. Windowsチェックディスクツールについての真実
  4. SMARTツールが提供するものとは
  5. メーカーのツールを知る
  6. 市販の診断ツールを利用する
  7. 治療以上の予防を求める

 

SMARTツールの活用

ハードディスクのチェックに使用される最も重要なテクノロジーは、SMART(自己監視、分析、およびレポートテクノロジー)です。最近のほとんどすべてのハードディスクは、メディアの物理的状態をチェックするためのSMART分析ツールをサポートしています。数年前にGoogleが実施した調査によると、このような分析を使用すると、ハードディスクのクラッシュの3分の2を予測できます。SMARTツールには、ハードディスク内で調べることができる10の重要な兆候が含まれています。障害が検出されると、「差し迫った電気機械的障害の可能性のあるインジケータ」としてフラグを立てることができます。さらに、SMARTツールは他の約30の属性をカバーしており、これらの属性を照会して、差し迫った障害を予測するための指標として機能します。これは、潜在的なデータ損失を回避するためにハードウェアを交換するかどうかを決定するのに役立ちます。

潜在的なデータ損失を回避するためのドライブチェック機能の1つとして挙げられるのは、SSDインジケーター「SSD Life Left」です。これは、現在利用可能なプログラム/消去サイクルまたはフラッシュ ブロックに関するSSDの残りの寿命のおおよそを示しています。これは、ソリッドステートドライブ(SSD)の状態を監視するのに非常に便利です。

 

手遅れになるまで待たないでください

ユーザーの皆様は、損傷がすでに発生してしまった後(および手遅れ、または手遅れ寸前になった時点)にSMARTツールを探すことが良く見られます。手遅れにならないため、デバイスの寿命を通じて定期的にSMARTツールを使用し、結果を定期的に監視する必要があります。残念なことに、ほとんどのオペレーティング システムは、診断データを自動的に判別せず、明確な形式でユーザーに提示することはありません。代わりに、特別なツールを使用してハードディスクを確認する必要があります。

 

Windowsチェックディスクツールについての真実

Windowsオペレーティングシステムの [プロパティ] >  [ツール] >  [エラーチェック] でハードディスクを右クリックすると、[CHKDSK] ツールをすばやく起動できます。ただし、何かが間違っているかどうかに関する情報のみを取得したい場合には、 [自動データシステムエラー訂正] または [不良セクタの検索 / 復元] オプションのいずれかをクリックしていないことを確認する必要があります。その後、このツールは、それぞれのハードディスクをチェックし、レポートを提供します。ツールはSMART分析の利用可能なすべての情報をリストするわけではなく、一般的に記憶媒体が機能しているかどうかを示しているだけであることに注意してください。

一方、CHKDSKの詳細レポートには、ハードディスクのインデックスエントリーが正しいかどうか、データのセキュリティ記述が正しいかどうか、データ構造に問題があるかどうかに関する重要な情報が含まれています。これは確かに重要な情報ですが、最初にハードディスクの物理的状態とその寿命を確認するため、2番目のステップとしてのみ使用します。このタイプの分析は、特別なSMART診断ツールでのみ可能です。

一般的な警告として:CHKDSKは注意して使用してください。CHKDSKの誤った使用は、善よりも害を及ぼす可能性があり、そうでなければ復旧可能であった可能性のあるデータを永久に破壊する可能性があります。

 

SMARTツールが提供するものとは

SMARTツールは、ハードディスクでいくつかの異なるテストを実行できます。たとえば、ハードディスクのファームウェアの最も重要なインジケータを照会する「高速SMARTチェック」があります(製造元の定義による)。これらのインジケータには、不良セクタ、再割り当てされたセクタ、スピンドルがフルスピードに達するまでのスピン開始数(Spin Retry Counts)などが含まれます。最も重要なテストは、「ディスク セルフ テスト(DST)」、「ショートテスト」、および「ロングテスト」であり、ハードディスクのすべてのセクターが読み取られます。このプロセスには非常に長い時間がかかる場合があります。さまざまなテストでさまざまな種類の情報が提供されるため、ディスクの全体的な状態の全体像を把握できます。ご利用可能ないくつかのツールの概要は、 こちらをご参照ください。

 

メーカーのツールを知る

多くのハードディスクメーカーは、デバイス内に独自の診断ツールを組み込んでおり、ユーザーに大量の重要な情報を提示でき、さらに、一部のツールはハードディスクの設定を変更できます。ただし、メーカーは通常、ツールの使用に起因するデータ損失の責任を拒否するため、注意してください!

これらの提供またはダウンロード可能なツールによって提供される情報は、特定のプロデューサーによって異なります。それらは通常欠陥をリストし、問題のあるセクタを修復するオプションを提供します。前述のように、これらのツールの使用は自己責任で行ってください。 SeagateWestern DigitalHitachi および  Fujitsuの無料の診断ツールへのリンクは既出のとおりです。

 

市販の診断ツールを利用する

さらに、スコープが大きく異なる、場合によっては異なる情報も提供するさまざまな市販ツールもあります。それらを特徴づけていることには、異なる診断検査を1つのソリューションに組み合わせていることです。SMART診断チェックに加えて、通常、ベンチマークとファイルベンチマークのチェック、ディスクの監視とエラースキャン、および消費電力と温度のチェックも提供するものもあります。

(個人使用のための)このような包括的な無料ツールは、 CrystalDiskInfoDiskCheckupHD Tuneまたは HDDScanです。4つのツールはすべて使いやすく、テストしたハードディスクのヘルスステータスを非常に短時間でユーザーに通知します。HDDScanは、これら4つのうちRAIDボリュームをテストし、それらの表面テストを実行する唯一の方法です。これらの機能を備えたこのソフトウェアは、小規模な企業環境の高速診断ツールとしても適しています。

smartmontoolsは、オープンソースソリューションを使用する場合に、プロフェッショナルな環境での使用に適しています。Linux、Mac、Windowsだけでなく、FreeBSD、NetBSD、OpenBSD、Solaris、OS / 2、Cygwin、QNX、eComStationでも利用できます。個々のディスクに加えて、ツールはRAIDセットアップもサポートします。

もう1つのツールは Speedfanです。このツールのユニークな点は、SMARTやその他の指標に基づいたハードディスクの健康状態だけでなく、予測される残存寿命も表示できることです。オンラインデータベース(「詳細なオンライン分析」と呼ばれます)を使用して、取得した結果を以前の同等のハードディスクと比較し、ディスクの残りの寿命を計算します。考えられるすべての設定を試したり変更したりする前に、プログラムとその機能を十分に理解していることを確認してください。不注意で損傷を与えてしまうことは望ましくありません。

 

治療以上の予防を求める

使用した診断ツールに関係なく、SMARTエラーが表示されている場合は、障害状態(またはその寸前)にあると見なす必要があります。デバイスの完全な故障は避けられないと考えるのも公正です。故障するまで、数分、数週間、または数ヶ月かかるかもしれませんが、デバイスの使用をすぐに中断しましょう。

外付けハードディスク、テープ、SSDなどの別のストレージメディアにデータをバックアップしたことを確認してください。すべてのデータがバックアップされたら、できるだけ早く現在のディスクを新しいディスクと交換することを検討する必要があります。SMARTテストに合格しなかったハードディスクは信頼しかねます!ハードディスクが完全に故障していなくても、データの一部に損傷を与える可能性があります。もちろん、ハードウェアは決して完璧ではなく、ハードディスクは警告なしに故障する可能性があります(KLDiscovery Ontrackのハードディスクのデータ復旧情報は、 こちらよりご確認いただけます)。それでも、SMARTは、ハードディスクがすぐに故障する可能性があるかどうかを示すのに役立ちます。いくつかの兆候を発見できることは、まったく兆候を発見できないことよりはましです!

 

(原文:英語)
(翻訳: KLDiscovery Ontrack株式会社)

 

Load more comments
Thank you for the comment! Your comment must be approved first


セキュリティコード