Windows上で削除されたファイルを回復する3つの基本的な方法 [Windows 10]

2014年7月23日 - オントラック

誤ってファイルを削除するとどうなるでしょうか?削除されたファイルを回復するための最良の方法は?データ復旧手順をさらに調査または開始する前に、このような状況が発生した場合の3つの簡単な対処法を以下にご紹介いたします。

1. ごみ箱アイコンを確認

通常、削除したものはすべてごみ箱に移動します。これは、データが完全に削除される前に、データを回復する2回目の機会を与える特別な保持領域にあたります。ごみ箱は通常コンピューターのデスクトップにあります。

ゴミ箱のアイコンをダブルクリックすると、ゴミ箱を最後に空にしてから削除したものがすべて表示されます。目的のファイルをクリックしてから[復元]をクリックするだけで、ファイルが元の場所にコピーされます。

ごみ箱を定期的に空にしておかないと、もしファイルを確認する必要性がある際に、確認する必要のあるファイルがたくさんあることに注意してください。さらに、ゴミ箱に置かれたファイルは引き続きハードドライブのスペースを占有し、蓄積されて完全に削除されない場合、システムのパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。

2. ファイルの場所を確認

ごみ箱にファイルが見つからない場合、ファイルが完全に削除できなかったということです。次のステップは、該当のドキュメントをコンピューターで検索することです:

  1. [スタートボタン]をクリックし、検索ボックスにファイル名の一部を入力します。失われたファイルの名前を入力し始めると、システムは検索を開始します。
  2. 探しているファイルがリストにない場合は、リストの下部にある[その他の結果を表示]をクリックします。
  3. リストされたファイルの詳細を示す別のウィンドウが表示されます。繰り返しになりますが、ファイルがリストされていない場合でも、慌てる必要はありません。[検索]というセクションまでスクロールし、[コンピューター]ボタンをクリックします。
  4. 検索はコンピューター全体で繰り返されます。もちろん、ファイルが多い場合は時間がかかる場合があります。うまくいけば、目当てのファイルが今回のコンピューター全体検索によって発見されるでしょう。

3. 削除されたファイルを復元

ファイルがごみ箱になく、また、検索しても見つからない場合は、完全に削除されている可能性があります。それでも、対処法はあります。

このような場合のために、無料または有料のデータ復旧に特化したソフトウェアがあり、広範な調査を実行し、目的のファイルを確実に復元を試みます。Ontrack EasyRecoveryのような評判の良いライセンスソフトウェアには、多くの場合、リカバリを続行する前に、リカバリ可能なファイルを無料で一覧表示するアドオンがあります。

 


データ復旧ソフトOntrack EasyRecoveryを無料で試す:

無料で試す


Load more comments
Thank you for the comment! Your comment must be approved first


セキュリティコード