破損したハードディスクとは何ですか?それからデータを復旧するにはどうすればよいですか?

2022年4月7日 - オントラック・チーム

破損したハードディスクとは何ですか?どのような症状ですか?

データ破損とは、ファイルやデバイスのデータが元の状態から変化し、異なる動作をしたり、完全にアクセスできなくなったりすることです。

ハードディスク破損の一般的な症状は次のとおりです。

  • ディスクにまったくアクセスできない
  • パフォーマンスが遅い
  • ファイルの消失
  • ブルースクリーン」(英語: Blue Screen of Death, BSoD)

ハードディスク破損の原因は何ですか?

劣化:多くの場合、ストレージ媒体が古くなると、ハードディスクの破損が発生します。ハードディスク内のデータは、時間の経過とともに(動作中や使用していないときでも)劣化し、ファイルが読み取れなくなるまで劣化します。

マルウェア・ウイルス:ウイルスに感染しても、ランサムウェアの脅迫メールに書かれていることに関係なく、ハードディスクが物理的に損傷することはありませんが、データが損傷してコンピューターで読み取れなくなる場合があります。

書き込み中の中断:書き込みプロセス(保存、ファイルのコピーなど)が中断すると、データが不完全になり、その結果、データにアクセスできなくなります。書き込みプロセスを中断する原因は以下が考えられます:

データ破損

上記画像:「ブルースクリーン」の表示


自分でデータを回復できますか?

ほとんどのオペレーティングシステムは、ハードディスクの破損を防止または修正するための基本的な対策を備えています。WindowsにはCHKDSKがあり、Macにはディスクユーティリティがあります。これらの内蔵ツールは、定期的なメンテナンスに役立つ場合もありますが、破損したハードディスクに害を及ぼすことも多く、データの復旧を妨げることもあります。

代わりに、専門のサードパーティのデータ復旧ソフトウェアを検討することをお勧めします。これらのツールは、ハードディスクの他のセクターにある破損したファイルの断片化した部分を見つけ出し、それらを再構築できる場合があります。

たとえ最高のツールを使ったとしても、DIYでのデータ復旧は常に大きなリスクを伴います。また、DIYソフトウェアは、破損が本質的に論理的な場合にのみ有効なオプションであることに留意することが重要ですデバイスに物理的な問題があると思われる場合(特に、ぶつけたり、落としたり、火災や水害にあったりした場合)、ソフトウェアは良い選択肢ではありません。この場合、専門のデータ復旧会社に依頼するのがベストです。

データ復旧ソフトウェアを使用する場合は、破損したハードディスクのコピーやイメージでそのソフトウェアを使用してください。つまり、何か問題が発生したときに、常に手つかずの元のディスクを残しておいてください。

当社の使いやすいDIYデータ復旧ソフトウェアであるOntrack EasyRecoveryを使用して、破損したディスクのセクターレベルのイメージを作成することができます。

Ontrack EasyRecoveryを無料でお試しください

データ復旧会社に連絡した方がいいですか?

残念ながら、ほとんどのハードディスクメーカーには、故障したデバイスからデータを復旧するのに必要な専門的な技術がありません。専門のデータ復旧会社に依頼することで、重要なデータを復旧できる可能性を最大限にします。

専門家が状況を適切に評価し、リカバリーのための最適な方法を決定します。そして、復旧に影響しそうな次の要素を調べます。

  • ハードディスクの種類
  • ハードディスクのメーカー
  • 故障の理由
  • 物理的損傷の兆候

オントラックは、ハードディスクの復旧を専門としています。当社は35年以上のデータ復旧の経験を持ち、個人と企業のお客様向けのデータ復旧サービスをご提供しています。さらに、当社は主要なハードウェアおよびソフトウェア企業と堅い関係を持ち、使用されている最新技術に常に精通しています。

ご質問やご不明な点がありましたら、お気軽に無料相談にお問い合わせください:

電話:03-6632-6270


またはフォームよりお問い合わせください:

お問い合わせフォーム


Hard drive being repaired