SSDに関する6つの一般的な誤解

2013年7月30日 - オントラック・フランス

6 idées reçues fréquentes sur les disques SSD


  • SSDに関する6つの一般的な誤解:目次
  1. SSDには可動部品がないため、故障することはめったにありません
  2. SSDをクラウドに同期する場合は、バックアップを取る必要はありません
  3. SSDは、問題が発生した場合に簡単に修復できます
  4. SSD上では、コンピュータの電源が適切な方法で終了されていなくても、バッテリーが完全に消耗してしまっている場合でも、データが損傷することはありません
  5. SSDは摩耗しないので、継続して使用できます
  6. 暗号化を使用することに大きな欠点はありません

 

SSDは故障することはなく、簡単に修理できるといわれていますが、それは間違っています。SSDについてのあらゆる種類の誤解を耳にします...以下が、我々が良く耳にする誤解の例です。

 

SSDには可動部品がないため、故障することはめったにありません

主にモバイルデバイスにインストールされ、従来のハードディスクの使用よりもはるかに厳しい条件にさらされていることを鑑みてもSSDには可動部品がないため、従来のハードディスクよりも信頼性が高いといっても過言ではないでしょう。また、オントラックの観察によれば、SSD障害の最も一般的な原因は水によるものです。短絡(ショート)を引き起こし、電子部品を損傷します。ちなみに従来のハードディスク障害の1%未満が水によって起こされたものです。

 

SSDをクラウドに同期する場合は、バックアップを取る必要はありません

ITの観点から、バックアップに関してはルールがあります。2つの異なるメディアにバックアップがない場合は、有効なバックアップがないと考えます。 このルールは、たとえ使用している記憶媒体が他の記憶媒体よりも信頼性が高いとしても、何も変更いたしません。オントラックでも、コンピューターとクラウドの両方に保存されたファイルのバージョンがアクセス不能、破損、削除、または上書きされた後、 顧客の皆様よりがデータの復旧を依頼されます。実際、非常に多くの場合、ローカルデータが破損してから、クラウドに同期されます。クラウドプロバイダーの大多数は以前のバージョンのファイルを保存しますが、完全な保証はありません。オントラックでは、顧客の皆様には、常に2回目のバックアップを行うことをお勧めしております。

 

SSDは、問題が発生した場合に簡単に修復できます

これは間違っております。SSDは他の電子部品から分離するのが難しいため、修理が非常に困難です。 たとえば、ほとんどのタブレットとスマートフォンのSSDは、メイン回路基板にネストされています。

 

SSD上では、コンピュータの電源が適切な方法で終了されていなくても、バッテリーが完全に消耗してしまっている場合でも、データが損傷することはありません

SSDがデータのコピー中に電源をはずしてしまった際にデータが失われないようにするには、SSDをミリ秒単位ですぐにシャットダウンし、安全な状態にする必要があります。コントローラの設計者が思うように毎回すべてがうまくいくとは限りません。オントラックのエンジニアの経験では、時々物事がうまくいかないことが多々あり、多くの場合、ユーザーが自分のファイルにアクセスできなくなるまでのデータを変更してしまうことがあります。

 

SSDは摩耗しないので、継続して使用できます

すべてのメディアの寿命と容量は時間の経過とともに減少するため、これは真実ではありません。 「ライトアンプリフィケーション」と呼ばれる設計現象は、SSDの容量と速度が徐々に低下することです。この現象は、SSDがメモリからデータを消去する方法が原因で発生します。

SSDを頻繁に使用する場合、わずか5年でSSDの寿命が切れる可能性があります。この問題が発生しないように、3年ごとにデバイスを最新化することをお勧めしております。SSDでは現在、SLC(シングル レベル セル)とMLC(マルチ レベル セル)の2種類のメモリが使用されています。SLCメモリは長持ちしますが、製造コストが高くなります。すべての安価なドライブとほとんどのUSBフラッシュメモリドライブはMLCメモリを使用します。フラッシュメモリは、限られた回数だけプログラムおよび消去できます。これは、フラッシュメモリがその存続期間中に耐えることができる書き込み/消去サイクルの最大数として知られています。優れたパフォーマンスと優れた耐久性を実現するように設計されたSLCメモリは、通常50,000〜100,000サイクルを受け入れることができます。一方、MLCフラッシュメモリは、より安価なアプリケーションと大幅に少ないサイクル(通常は3,000〜5,000)向けに設計されています(2011年時の数値)。

 

暗号化を使用することに大きな欠点はありません

これは間違っています。暗号化により、ハードドライブが誤って再フォーマットされた場合のデータ復旧の可能性が大幅に減少します。フルディスク暗号化を使用すると、この問題が複雑になります。 論理障害によって引き起こされた多くのデータ損失状況は回復できません。障害によって暗号化されたディスクが損傷し、ディスクのマウントが妨げられた場合、データを復号化できません。 さらに、ディスクがひどく損傷している場合、重要なデータの場所を特定できないため、部分的またはターゲットを絞ったリカバリを試みることもできません。この場合、すべてのデータを復旧するしか方法はありません。

 

Load more comments
Thank you for the comment! Your comment must be approved first


セキュリティコード