オントラック・ジャパン、企業向けシステムへの「ランサムウェア被害向けデータ復旧サービス」を提供開始!

2020年8月20日 - プレスリリース

2020年8月20日

報道関係各位

オントラック・ジャパン


~バックアップデータを狙う最新のランサムウェアにも対応可能なツールを開発~

 データ復旧ソリューションの業界最大手であるケーエルディスカバリ・オントラック (KLDiscovery Ontrack LLC、本社:米国ワシントンDC、以下オントラック社)の日本法人、オントラック・ジャパン(ケーエルディスカバリ オントラック株式会社、住所:東京都千代田区内幸町2-2-3、代表取締役:クリス・ワイラー(Chris Weiler)、以下オントラック・ジャパン)は、現在、グローバルで増加するランサムウェア被害に対するデータ復旧のニーズに対して、独自開発ツールを利用した「ランサムウェア被害向けデータ復旧サービス」の提供を開始します。このサービスを日本において8月25日より行うことを発表いたします。

 今年に入り、ランサムウェアからのデータ復旧に関するオントラック社への問い合わせ、案件がグローバルで増加(過去6か月で、前年度1年分の問合せを超過)し、独自提供することとなったサービスが、日本市場の企業や自治体・病院・学校等の各法人向けにサポート開始となります。このサービスは、ランサムウエアが原因でバックアップからのデータのアクセス拒否をされたり、仮想マシンでのデータ消失、データの復元ができないユーザー企業に対し、リモート・データ・リカバリ、またはラボ内での作業を行い、最適、かつ有効なデータ復旧サービスを提供するものです。

■コロナ禍における、各種病院や医療法人へのデータ復旧サービスに関して特別割引(2割引)を実施

 なお、この新たなデータ復旧サービス提供とともに、現在、社会のために過酷な状況を乗り越えながら、コロナ禍において増加する感染患者への対応に当たっている各種病院や医療法人の皆様へ、同種のランサムウエアに関してのデータ復旧サービスを特別割引価格(2割引)で提供することも発表いたします。(医療法人または病院向けのサービスです)

■バックアップデータを狙う高度なランサムウェアにも対応

 現在、企業、官公庁、自治体、病院、学校法人など、多くのデータを活用している組織に対するランサムウェア※1攻撃の手口は高度化を続けており、最近ではバックアップデータが狙われるケースが増えています。当初はメールへの添付やウェブブラウザなどを介して、ユーザーに気付かれないようにソフトウェアなどをダウンロードさせる「ドライブバイダウンロード(Drive-by download)」によって感染するものがほとんどでしたが、現在ではバックアップ ファイルを標的としたランサムウェアのケースが増加し、このようなマルウエア※1攻撃を受けた組織は、重要なシステムから重要なデータを復元するためのバックアップに依存することができなくなりました。

 既に国内においても標的型ランサムウェアによる被害が相次いで、侵入成功から攻撃実行までに要する時間も短くなっています。RDP(Remote Desktop Protocol)やVPN(Virtual Private Network)ゲートウェイを経由して侵入するケースが多く、在宅ワークやサテライトオフィスなど、テレワークが急増している現在、無視できないリスクとなっています。

ランサムウェアに感染したバックアップシステムのデータ復旧の実現

 オントラック社では、自社のグローバル・エンジニアリングチームにより、ランサムウェア攻撃に仮想バックアップソリューション用の独自ツールを開発しました。これにより、Veeam※2などの感染したバックアップ・システムでのランサムウェア感染に対して、回復困難なファイルから重要なデータを復元することが可能となりました。


※1)  マルウエアとランサムウエア: マルウエアは「malicious software(悪意があるソフトウェア)」の略語で、意図的にパソコンやスマホに不具合を起こす目的で作成されたソフトウェアのこと。PCやサーバにダメージを与えることが目的の悪質なプログラムは、すべてマルウェアとみなされる。ランサムウェアは、「Ransom(身代金)」+「Software(ソフトウェア)」という意味の通り、感染すると、PCに保存したファイルやハードディスクが暗号化されてしまい、アクセスができなくなってしまう。ランサムウェアはマルウェアの一種である。

※2)Veeam(Backup & Replication):VMware VMとHyper-VのVM、物理環境、およびクラウドのためのバックアップ、レプリケーションや復元オプションを提供するデータ保護ソフトウェアのこと。

 

■ランサムウエアに感染したバックアップシステムへのデータ復旧サービスの作業期間について

  データ復旧サービスに関する作業期間の目安は以下の通りです。

  ※料金等は個々の状況により異なりますので、お問い合わせください。

1)標準

診断時間:約24時間

復旧時間:5-10営業日

2)優先

診断時間:約24時間

復旧時間:3営業日

3)緊急

診断時間:約4時間

復旧時間:12-24時間

※診断や復旧のお見積もりは、お客様の緊急度、デバイスの種類、容量、ファイル数、転送速度、及びデータ損失状況の複雑さによって異なります。

 

■オントラック社(KLDiscovery Ontrack, LLC)について

米国ワシントンDCに本社を置き、現在、世界26カ所で、17言語でのサポートを提供する世界最大級※3のデータ復旧企業として世界をリードしています。電子記憶媒体の大容量化、高速化が進む中で、復旧技術を向上し、復旧作業の完了までに要する時間の短縮の実現を行っています。米国とドイツ2箇所にR&D(技術開発チーム)を設置し、毎年大規模な投資、各グローバルパートナー企業と技術情報の共有を行ない、世界中に張り巡らしたグローバルネットワークから情報を収集し、何百もの独自の復旧ツールを開発・駆使し、最適な方法で短時間でのデータ復旧を実現しています。更にデータ復旧だけでなく、レガシーマネジメント、磁気テープのソリューションなども含む包括的サービスもお客様に提供しています。

※3)オントラック社(KLDiscovery Ontrack LLC) は、年率約54%の経常収益を誇るクラウドサービスと業界をリードするテクノロジーを提供しており、その中にはフォーチュン500社の65%、米国の法律事務所上位100社の95%が含まれています。

 

【お問い合わせ先】

サービスに関するお問い合わせ先は・・・

オントラック・ジャパン(ケーエルディスカバリ オントラック株式会社)サービス担当

〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル3階

TEL:03-6632-6270(代)

E-mail:ask.jp@ontrack.com

URL:https://www.ontrack.com/ja-jp

※オントラックまたはOntrackは、米国KLDiscovery Ontrack LLC の登録商標または商標です。